AWS Certificate Managerについて学んでみた

はじめに

  • xxx

やってみたこと

  • 以下についてまとめてみた
    • サーバ証明書とは
    • 証明書の役割・種類
    • AWS Certificate Manager

サーバ証明書とは

  • 通信の暗号化、通信先のサーバの信頼性を確認するために利用されるもの
  • 認証局を通して発行するものである
    • 既存の認証局に発行させる。自分で認証局を建てることもできる

証明書の役割・種類

  • 証明書の役割は、経路感の安全性の確保と、通信先の本人性の証明である
  • 証明のために、信頼性の高い第三者が必要である
  • 認証局により、第三者として、証明する。
  • 証明方法には複数の種類があり、信頼性の高さが異なる
    • (低)オレオレ証明書:自分で認証局を立てて証明書を発行
    • (小)ドメイン認証(DV):ドメインを所有していることを認証
    • (中)組織認証(OV):組織の審査をもって認証
    • (高)拡張認証(EV):OVより更に厳格な基準で審査

AWS Certificate Manager

  • AWSが認証局となり、DV証明書を発行するサービス

最後に

  • ACM単体で使うことはないので、どういうサービスと利用するのかというケースを抑えておくと良いと思う。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。